2006年06月29日

オスカール・ウスタリ

ウスタリ.jpg 

 ドイツW杯の最終登録メンバーに滑り込んだ逸材。アテネ五輪で無失点優勝という快挙を成し遂げ、昨年のコンフェデレーションズカップ準優勝の立役者ともなったヘルマン・ルクス(リーベルプレート)を押しのけての代表入りには驚きと称賛の声が上がった。

 もともと実力の方は折り紙付きで、2003年にフィンランドで開催されたU−17世界大会、2005年のワールドユース・オランダ大会でも、各国のGKの中でも突出した存在感を示して優勝に貢献している。特に、フィードキックはA代表のファーストゴールキーパーでもあるロベルト・アボンダンシエリ(ボカ・ジュニアーズ)の精度と肩を並べるものがある。

 そのアボンダンシエリはW杯後に引退も示唆しており、今後はレオナルド・フランコ(アトレティコ・マドリー=スペイン)、先述のルクスらとA代表のゴールマウスをかけたポジション争いに身を置くこととなるが、今年20歳になる新鋭。もしも2人のベテランをベンチに追いやったとすれば、今後10年は、アルゼンチン代表最大のアキレス腱といわれて久しいゴールキーパーの不安定さは解消されるであろう。

2006年06月09日

ミヒャエル・レンシング

レンシング.jpg 

所属クラブがドイツきっての強豪バイエルン・ミュンヘンということ、また同じポジションにあのオリバー・カーン(ドイツ代表)が君臨していることもあり、まだ22歳と若いレンジングは、なかなか名門のゴールマウスに立つ機会が増えない。

 しかしレンシングについて、バイエルンGMのウリ・ヘーネスは、「ここ数年のサテライトチームに在籍したゴールキーパーの中でも最高のゴールキーパーだ。」と語り、ユースチームのヴェルナー・ケルンも「10年に一人の逸材」と、2000年にTuSリンゲンからFCバイエルンに移籍してきたレンシングを高く評価している。

 ゴールキーパーは、よほどのアクシデントが発生しない限り、また複数のゴールキーパーの実力が拮抗している場合でなければ、レギュラーを入れ替えることは殆ど行われないのが現状だ。バイエルンの第2GKとしてベンチに座ることが多いレンシングにとって、ブンデスリーガでの出場を果たすことは確かに難しいことだ。

 が、それでもこれまでの2年間で出場した数試合で、チームは全勝という成果を残している。GKとして必要不可欠な経験を、少しずつながらバイエルンで積んでいる彼は、ゼップ・マイヤーとオリヴァー・カーンを「世界最高のGKコーチ」と位置付け、近い将来カーンの後継者としてバイエルンのゴールマウスに立つという野望を抱いて更なる飛躍を目指している。

 ドイツU−21代表として先頃開催されたU−21欧州選手権にもレギュラーとして出場(予選リーグ敗退)。昨年はバイエルンの日本遠征にも帯同し、FC東京などとの親善試合でもゴールを守っている。

 

   

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。